東洋医学独自の診察法(四診合算)により、お体の情報を的確に捉え、治療法を決定します。

SHANTIでは、東洋医学の望診、聞診、問診、切診(四診)であなたのお体の状態を的確に把握し、推拿または鍼灸により、経絡(けいらく)や経穴(ツボ)に適切な刺激を入れて、陰陽バランスや五臓の虚実バランス、気血水の流れを整えます。 これにより、お悩みの症状をご自身の力で解消されることを目指します。その後、オリジナルブレンドの漢方茶をお召し上がり頂きます。

*いずれのコースも保険の適用はございません。
*初回のみカルテ作成料(1000円)を申受けます。
*コース選択に迷ったら、「推拿60分コース」がお薦めです。
*完全予約制ですが、予定が立たない方は金曜日の8:30〜11:00、13:30〜16:00にお越しください。(予約不要)
*ウェルカムドリンクとオリジナル漢方茶は無料です。
*いずれのコースも大変お得な回数券をご用意しています。

●推拿・鍼灸・漢方茶について●

・推拿は、中国の伝統医学(中医学・東洋医学のルーツ)に基づく手技療法で、漢方薬と鍼灸とあわせて3大中国伝統療法と言われ、その歴史は数千年に及びます。“推拿”の推は「おす」、拿は「つかむ」という意味で、推法、拿法等100種類以上の手技を用い経絡とツボを効果的に刺激することで、痛みを取り除いたり、内臓器官に伝わり自己の治癒力を呼び覚ましたりすると考えられています。安全性が高く苦痛を伴わないのが特徴で、その適応範囲の広さは筋肉や関節等の運動器に止まらず、免疫系や内臓疾患、検査にでない未病をも対象とします。中国では各地の病院に”推拿科”が設置され、西洋医学と連携し治療に当たると言う現代ならではの形で今も進化発展し続けています。
スポーツ疾患や繰り返す痛みなどの場合は、動作を分析して再発予防の為の簡単な筋肉強化などのトレーニング法やストレッチ法をご案内します。競技歴20年の間に自身の怪我を通して学んだ方法や、古武道などの体の使い方を組み合わせてできるだけシンプル、簡単で最適なものをご提案します。(*推拿90分コースをお選び下さい)

・鍼灸はWHO(世界保健機構)が以下41の適応症を定めています。 頭痛、偏頭痛、三叉神経痛、顔面神経麻痺、メニエール氏病、白内障、急性結膜炎、近視、中心性網膜炎、急性上顎洞炎、急性鼻炎、感冒、急性扁桃炎、歯痛、抜歯後疼痛、歯肉炎、急性咽頭炎、急性気管支炎、気管支喘息、食道・噴門痙攣、しゃっくり、急性・慢性胃炎、胃酸過多症、胃下垂、麻痺性イレウス、慢性・急性十二指腸潰瘍、急性・慢性腸炎、便秘、下痢、急性細菌性下痢、打撲による麻痺、末梢神経系疾患、多発性筋炎、神経性膀胱障害、肋間神経痛、頚腕症候群、坐骨神経痛、腰痛、関節炎、夜尿症 。本来は「未病」といって病気になる前の体質改善が一番得意ですが、慢性疾患(急性疾患よりは時間がかかります)、特に複数の不調が複合的に起こっているものや、他の療法で解決策が見つからない場合はご相談ください。

・漢方茶は季節や天候、体調に合わせて施術との相乗効果が期待できるよう、毎日オリジナルでブレンドしています。漢方の生薬は上品・中品・下品に分類され、長期の使用でも体に影響がないものを上品と言います。これに分類される主に食品を使います。(*ご購入希望の方は事前にご相談ください)

オプションで追加できるのは、可視総合光線療法(15分程度)と手指鍼、漢方足湯です。
手指鍼(事前予約不要)と漢方足湯(事前予約必要)は、施術時間内なら無料で追加できます。
 

コースの選び方や、施術についての気になること等がございましたら、まずは「よくある質問」ページをご確認いただき、解消しない場合は、お気軽に「問合せフォーム」またはお電話(070-5077-6325)でお問い合わせ下さい。

PAGE TOP